【オンラインサロン】出版を目指すサロンに入ったのでその実態をぶちまける

クソメガネブロガー@まゆ(@kusomegane_mayu
 

結論から言います。

 

入ってよかった!!!ww

 

と、いうのも私はこんなツイートをしました。



チワワ

なんやねん矛盾しとるやんけクソメガネかち割るぞ

メガネ

こわいこわいごめんこわいごめんごめん
 



私が間違っていました。この場で謝罪致します。申し訳ございませんでした。
 

そして今回、この出版を目指すサロンの有料メニュー「企画書添削」を体験したのですが

 

 

まじで出版できそうな気がする!!!!

 

 

出来るかどうかは私次第なんです。それだけなんです。
 

誰にでも出版のチャンスがあるということを身をもって体験しました。“出版”という大きな夢が、本当に実現しそうな気がします。もう夢のような話ではないのです。
 

このサロンのオーナーである、あやちんさんの対応にとても感銘を受けました。こんな素敵なオーナーが作ったサロンを批判した私は、タイピングできぬよう骨折すべきです。
 

こんな人にオススメ!

  • 出版に興味がある人
  • ビジネスチャンスを掴みたい人
  • オンラインサロンに興味がある人
  • クソメガネが炎上すればいいと思う人

 
サロン内容、オーナーの神対応など私が体験したことを詳しくお伝え致します。

メガネ
なぜ私がこんなツイートをしたのかも書いています。ごめんなさい読んで下さいごめんなさい。
 

出版に1番近いサロン

今すぐ入会する

月額3,500円

13名が在籍中




出版を目指すサロンとは

 
「いつか本を出すのが夢だったけど、どこからどうやったらいいの?」
 
「本の企画って何を書いたらいいんだろう?」
 
「今、自分が考えていることで出版できるか話を聞いてほしい」
 
「出版社に持ち込む前に企画書の内容を確認してほしい」
 

など、文字通り出版を目指している人たちが集まるサロンです。
 

もっといい本が作りたい
もっとたくさんの原石を発掘したい
もっと優秀な才能を世に送り出すサポートがしたい
 
このサロンは、日ごろ考えていた「もっと」を実現するために始まったプロジェクトです。
 

あなたの疑問を受け止めて共に解決し、一歩前に進むために背中を押す場でもあります。
 

私自身、現役で本作りをしている立場なので、もしかしたら私からサロン生の方にお仕事を発注させていただくなんてこともあるかもしれませんね。引用:「出版を目指すサロン」入会の手引き

 

オーナー情報

あやちん さん

都内出版社に勤務する現役編集者。新卒で現在の出版社に入社し、編集者歴20年。雑誌編集歴が長いが、書籍も数冊担当実績もあり。
プライベートでは、二人の子どもを子育て中のフルタイムで働くワーキングマザー。2018年9月1日に「出版を目指すサロン」を立ち上げ、運営中。
 

 

サロン人数と活動内容

2018年12月在、13名在籍。
LINEでは5つのグループチャットが用意されています。
 

グルチャ内容

  • 雑談部屋
  • 告知部屋
  • 自己紹介部屋
  • 企画添削部屋
  • ワークショップ&イベント部屋

 

今のところ雑記部屋の活動が多いですが、告知部屋では自身のブログやnoteを更新したらお知らせすることが出来ます。

メガネ
みんな感想くれるいい人たちやでぇ・・・
 

入会方法

  1. オーナーあやちんさんにTwitterでDMを送る
  2. あやちんさんの指示に従いLINEでお友達登録
ドチャクソ簡単です。何も心配いりまへん。
 

有料メニューを頼んでみた

このサロンには有料メニューが3つあります。

有料メニュー

  • 企画書添削 ¥1,000
  • 発掘面談 ¥2,500
  • オフ会参加費用 ¥3,000~5,000

 

今回は、上の2つを購入したのでまずは企画添削をレポートします。
 

企画書添削の流れ

  1. LINEであやちんさんに「企画書添削希望」と伝える
  2. チャットワークIDが送られてくるのでコンタクト申請
  3. ペイモビズにて先払い(URL送ってくれます)
  4. 自分で記入した企画書を送る
  5. 添削開始
 

注意
企画書フォームはサロンメンバー限定です。
 

私の企画書内容

ワイの温めておいた書籍案を公開するぞおらぁぁぁ!!!

書籍タイトル(案) とある風俗嬢の自叙伝(仮)
著者名 まゆ
著者プロフィール (・∀・)
書籍コンセプト (・_・)
企画意図とその背景 私には10年近く風俗で働く友人がいます。
毎回会う度に、風俗という未知の世界の話を聞き腹の底から笑わせてもらっています。
風俗というイメージがすっかり変わってしまったのと、くだらないけどエロ面白い実際にあった物語をいろんな人に届けたいです。
読者ターゲット 現役風俗嬢
男性全般
風俗を知らない人
最近笑ってない人
本書籍を出版するために有利となる条件 (・∀・)
書籍構成案 風俗嬢の実態
風俗嬢になったきっかけ
面白い客
客 vs 店長
意外な人が風俗嬢
ビジネスホテル vs 風俗嬢

 

こんなお話にならないレベルのふざけた企画書に、そりゃぁもう丁寧にご回答下さるんです。

 

その企画案に対する回答がこちら。

  • まずコンセプトをしっかり決めること
  • 同ジャンルの本を読んで研究しているか
  • この本で一番伝えたいメッセージはなにか
  • 他の本にはない、貴方が書かなければいけない魅力はなにか
このままでは商品としてのカタチが見えてこない。と、ブッた切ってもらいました。
 

実際のやりとり内容


 


 

私のこの企画書の方向性は内緒ですが、その他にもたくさんアドバイスいただきました。
 

まずはnoteを始めてみること。
 
1つの特化ブログを作るのと同じように、本の最終系をイメージすること。
 

本当はもっと濃い内容です。これはほんの一部に過ぎません。お値段以上です。お値段以上すぎて私は今も興奮しながらタイピングを加速させています。
 
補足
noteデビュー後も有料メニューからお支払いすると、回を重ねるごとにより成熟した内容の濃い添削を受けることが出来ます!
 
そしてなんと、出版社への紹介もあります。
 

これ、このサロン最高級レベルの強みですね。
 

自分1人で漠然と「出版してみたいなぁ」なんて考えていたので、このサロンに入って確実に夢へ近づいたことを実感しました。
メガネ
実現できるかは、自分の頑張り次第だよ!!ブログと同じだよ!!

サロンオーナーの対応

というか私、勝手に「コンサルのようなもの」だと勘違いしていたのです。
 

ここをこうした方がいいよ!とか、ここはもっとこうした方が伸びるで!みたいなイメージ。
 

正直、対応次第で退出しようと思っていました。(ボソッ

 

そしてその思いを伝えたら、あやちんさんの神対応っぷり炸裂。

あやちんさん
すみません、逆にどのようなイメージをされていたのか聞かせていただけませんか?私自身、今後の参考にさせていただきたいです。
もうまずこんな低姿勢なオーナー、素敵じゃないですか?
 

しかも私、偉そうに「こうした方がいいのでは!」とか意見したんですよ。
 

いや、うるせぇし。
は?まじは?は?ド素人が?は?

 

って、なりますよね普通。
 

それを更に上回る神対応をしてくれるあやちんさん。
あやちんさん
ご指摘いただきありがとうございます。まゆさんのように正直にご意見いただけると、その分修正のスピードが上がるので助かります。ご意見きかせていただき心より感謝申し上げます。不快な思いをさせてしまい大変申し訳ありませんでした。もっと充実した内容になるよう、私自身がんばります!
このお方、神様だと思うんです。
 

もう私すごいクレーマーですよね。性格ブスすぎますよね。自分の器の小ささやら醜さやら、本当に恥ずかしいです。
 

こんな素敵なサロンを批判する私はウルトラバカです。逮捕して下さい。
 

出版を目指すサロンのデメリット

システムよくわからん

これはただ私が使いこなせていないだけなんですが、LINEのノート機能とかタイムラインとかに出てくる企画とか追えていませんww
 

今どの企画が進行中かもよくわかってないです。
 

まぁでも私の目的は出版ですし、今は企画に参加できる余裕もないので、慣れてきたら参加させてもらおうと思います。
 

出版を目指すサロンのメリット

まじで出版できそうな気がする

めちゃくちゃリアルな意見とか聞けるんですよ。モチベーションの上がり方が半端じゃないです。
 

普通に生活していて現役編集者に意見もらえることなんてないですよね。
 

自分で出版社に押しかけても、普通なら門前払いですよ。
 

チャンスを掴める可能性が自分にもある!という希望の光が、このサロンの魅力だと思います。

注意
出版が約束されたものではありません。
 

実際に出版された方がいる

個人情報ですのでお名前はだせませんが、現役で出版している著者さんがこの出版を目指すサロンに在籍されています・・・!
 

サロンに入会してこられたときはかなりビビりました。笑
 

自分の手元にある書籍の著者さんがいきなり現れたら震えますよね!!?w
 

出版に関するアドバイスもいただけたりして、夢のようなサロンなのです。
 

私がオンラインサロンに入る目的

これは、このサロンと関係ないただのクソメガネの話。
 

最近ずっとサロン探し回っていました。サロン迷子です。
 

そもそも自分はなぜオンラインサロンに入りたいのか。

  • 横の繋がりがほしい
  • PVあがるんかもやんけ!
  • いつか自分もサロンを運営してみたい
  • 運営のコツとか収益化について勉強できるかも
出版を目指すサロンに入った理由とは異なりますが、サロンに入りたい理由はこれ。
 

人それぞれオンラインサロンに求める内容は違いますよね。
 

だから、自分の求める理想とマッチしたときは「いいサロン」になるし、理想と違えば「面白くないサロン」になる。
 

勝手にイメージして入ったくせにね。(私のことです)
 

私がこの出版を目指すサロンに入って、批判したのがコレ


はい。そうです。私がクソでしたごめんなさい。
 

会話の中に自分も入りたいのに、入れない。そしてどんどん企画も進んでいく。みんな!私はココにいるのに!誰か話ふってよ!ねぇ!誰か!ねぇ!もういい!
 

と、自分にスポットが当たらないと急に、面白くないサロンに変えてしまうんですねぇ。
 

そして全体を批判する行動にでます。本当にヨクナイネ。
 

  • STEP.1
    楽しそうだなー!と、勝手に期待
  • STEP.2
    実際に参加すると既に話しについていけない
  • STEP.3
    期待したのと違う
  • STEP.4
    殻にこもる
  • STEP.5
    面白くない
  • STEP.6
    批判する
サロンに限らず、学校や職場でもこういうことってよくありませんか。
 

これを解決するために、私はこれからサロンメンバーを知ることから始めます。
 
「相手の心を開くには、まず自分から」
 
飲み屋時代に教わったことを思い出しました。
 

自分から行動しなければ、楽しくもならないし出版もできない。万人に好かれることは不可能かもしれませんが、出来ることはしたいです。それでも嫌いと言われたら、泣きわめくしかありません。
メガネ
私のことは嫌いでも、サロンのことは嫌いにならないでぐだざぃっ!!!

まとめ

  • 有名な著者さんも在籍中
  • オーナーが神対応すぎる
  • 本当に出版できるかは自分次第
私の言っていることがコロコロコロコロ変わるので、炎上案件として扱われるかもしれませんが構いません。自分が悪いので自業自得です。
 

よく知らないことを、よく知らないまま批判するのは良くない。
 

まずは体験、知ること。
 

27歳、猛省中です。
 

出版を目指すサロンオーナーから一言

あやちんさん
出目サロはアウトプット重視のサロンなので、手を動かした分だけチャンスが生まれます。目標に向けて一緒にがんばりましょう。
自分から行動しなければ何も始まらない。誰の目にも止まらない。チャンスは勝手にやってこないのです。
 
この記事を書いている今、自分から行動して本当によかったと思います。

 

 

目指せ印税生活!!!!
 

(結局自分が1番ヨイショしてるみたいで草・・・)
 

出版に1番近いサロン

今すぐ入会する

月額3,500円

13名が在籍中

 

 

【私の悩みはセックスレスです】31年目の夫婦げんかを見てズタボロになった話 2ヶ月目の行動報告と見せかけて今後の田中