離乳食はいつから始める?進め方は?初期の1週間を一緒に開始しよう!

クソメガネブロガー@まゆ(@kusomegane_mayu

 

去年、長女のために猛勉強した離乳食。
 

次女が6ヶ月になりましたが、もうすっかり忘れていました。



長女のときは張り切って色んな食材を使っては冷凍保存していましたが、2人目はなぜこうも面倒くさくなるのでしょう。(2人目あるある?)
 

しかし、全く作らないわけにも行かないので、前回の長女のときの経験を活かして、時短できるものや便利グッズなど記録のつもりでまとめてみました。
 

私が長女のときからずっと参考にしている離乳食の教科書です。

こんな疑問ありませんか?

  • 小さく生まれた子はいつ始めればいいの?
  • 夏場に離乳食を開始してもいいの?
  • どのくらいの量をあげればいいの?

あなたのわからないこと、全部のってます!
 

これ1冊あれば離乳食のことは本当に完璧。知りたいあれこれ全部ここに載ってました。
 

育児大全科の詳しい内容についてはこちら
育児書なら人気の【育児大全科】がおすすめ!0歳~3歳まで丸わかりのベストセラー育児本  

今回はこの育児書を参考に離乳食を始めて行きます。
 

離乳食をどのように進めて良いかわからない方へ、写真も載せていますのでぜひ参考にしてみて下さい。




離乳食はいつから始めるの?

5~6ヶ月と言われていますが、始める目安としては

  • 首が据わっているか
  • 体調&機嫌がいいか
  • 大人の食事に興味を示しているか
私は、面倒くさくて6ヶ月でスタートさせました(次女ごめんよ)
 

たまに「まだ歯が生えてなくて」というママさんがいらっしゃいますが、ゴックンと飲み込むので歯は関係ありません。
 

むしろ生えていない子がほとんどですよ!
 

まず初めはお昼に

必ずお昼に!というわけではなく、赤ちゃんに異常があったときすぐ対応できるよう病院が開いている昼間が良いという意味です。
 

なので夕食時や早朝はなるべく避けましょう。
 

いったん決めた時間帯に与えるようにするので、ママのあげやすい時間帯かつ病院が開いている時間だといいですね。
 

準備しておくグッズ

ベビー食器

お食い初めのときに買っている方も多いと思いますが、私が実際に使用しているのはこの食器セットです!
 

すり鉢やエプロンも入っているのでこれ1つで他に買うものはありません。
 

すり鉢

今は何でもセットで販売しているのですね。
 

1つ1つ買わなくていいからとても助かるし、ママも作るのが楽しくなってきますね♪
 

赤ちゃんの椅子

皆さんよく使われている代表的な椅子、バンボ!
 

ママの膝の上でもいいと思いますが、片手が塞がるので少しやりずらいかも。お座りの練習も含めて、椅子は1つ持っておくことをおすすめします。
 

ジップロック(保存用)

これは100均でも売っています。冷凍保存する方にはジップロックがオススメ!
 

タッパだと冷凍室の中で場所を取るのですごく邪魔です。ジップロックが1番。
 

製氷トレー(保存用)

これも100均に売ってますね。小分けにして冷凍するので製氷トレーは欠かせません。
 

製氷トレー以外にもシリコンカップを使用したり、保存方法はママが楽な物を使いましょう。
 

電子レンジで超簡単な10倍がゆの作り方

それでは実際に作っていきましょう!

用意するもの

  • ご飯50g
  • お水200cc(1カップ)
  • すり鉢
  • スプーン
  • STEP.1
    耐熱容器に50gのご飯を入れます。

  • STEP.2
    ご飯に200cc(1カップ)のお水をいれます。

  • STEP.3
    ラップはかけずに600Wで約10分、電子レンジでチンします。(水が溢れるかもしれないので様子を見ながら行って下さい)

  • STEP.4
    ご飯粒を指でギュっと潰したときにベチャっと潰れるくらいの柔らかさならオッケーです!(火傷に注意して下さい)

    ちなみにこの画像は、まだ少し硬めです。

  • STEP.5
    10分くらいレンジにかけると一緒に入れた水にとろみが出てきます。このくらいだと潰しやすいですね。

  • STEP.6
    すり鉢でご飯を潰していきます!

  • STEP.7
    こんな感じでスプーンの裏側を使ってご飯をこします。

  • STEP.8
    全て潰し終えましたが、少しもったりしています。水分が足りないのでお湯を少しずつ足して調整していきます。

  • STEP.9
    サラッとしてきました!これで赤ちゃんもゴックンと飲み込みやすいはず!

  • STEP.10
    完成!!

作り置きが楽ちん


赤ちゃんにあげる1回分を取り出したら、残りは冷凍しましょう。
 

毎日10倍がゆを作るのは少し面倒ですし、毎日決まった時間に作れるとは限らないので、ストックしておくのはとても便利ですよ!
 


注意
1度冷凍した離乳食は、大体1週間で使い切るようにしましょう。

市販のベビーフードも活用しよう

初めて作るママさんには、とろみ具合や味、匂いなどとても参考になると思います。

裏面には月例に合った米がゆの作り方やアレンジレシピが記載してあります。
 

 

5~6ヶ月はこれ1包を半分使用します。


 


 

お湯をかけるとお米の良い香りがふわぁ~っと香ります。よく混ぜて粉末を溶かしましょう。

市販のベビーフードは悪いものじゃないので、勉強のためにも1度購入してみることをオススメ致します。

メガネ

やべ、米がゆのストック切らしてた!!

チワワ

と、いう場合にも便利です!!
 

市販のベビーフードならモリモリ食べる赤ちゃんもいるので、全然食べてくれない場合は市販のものを与えたり、少し混ぜてみたりしてどんどんベビーフードを活用していきましょう!
 

離乳食開始スケジュール

1日のスケジュール

6:00 ミルク
10:00 離乳食+ミルク
14:00 ミルク
18:00 ミルク
22:00 ミルク
チワワ
あくまでも目安だけど、この場合、離乳食を与えるなら10:00か14:00のどちらかにしようね!

スタートから1週間の進め方

1日目 10倍がゆ1さじ
2日目 10倍がゆ1さじ
3日目 10倍がゆ2さじ
4日目 10倍がゆ2さじ
5日目 10倍がゆ3さじ
6日目 10倍がゆ3~4さじ
7日目 10倍がゆ3~4さじ
メガネ
赤ちゃんが欲しがった場合でも、この倍くらいで抑えておきましょう!

離乳食あげてみるよ!

ママがコシコシにこしまくった10倍がゆだよ!お食べ~!


 


 


メガネ
・・・・まぁ最初はこんなもんですよね(泣)
少し警戒してなかなかお口を開けてくれなかった次女。
 

もう1度食べてくれたけど、結局ぶえぇっと吐き出しました(笑)また明日がんばろうね!
 

必ず注意すること!

機嫌が悪くないか確認する

ウンチが赤ちゃんのバロメーターと言われますが、離乳食を始めたあとはウンチがゆるくなることがあります。
 

なので確認するのは、赤ちゃんのご機嫌。元気があり食欲もあるようなら大丈夫。心配なら小児科へ連れて行きましょう。
 

与える食材は必ず加熱する

まだ赤ちゃんの体内は未熟でとても敏感ですので、必ず加熱して菌を消滅させましょう。
 

離乳食の後の授乳は欲しがるだけあげる

まだ離乳食だけでお腹いっぱいになることはないので、10倍がゆをあげたあとは必ずミルク・母乳を欲しがるだけであげましょう。
 

味付けはいらない!

薄味が基本ですが、この時期は味付けなど必要ありません。
 

塩分は赤ちゃんの肝臓に負担をかけるので、素材の味のみでOK!
 

次のステップは?(2週間目)

  • 野菜類を増やす
  • タンパク質源を増やす

10倍がゆの1週間が終わったら、次はビタミン・ミネラル源とタンパク質源を増やしていきましょう!
 

離乳食2週目の野菜と豆腐デビューはこちら
離乳食初期2週目!野菜と豆腐の作り方を画像付きでレポするよ!  

まとめ

  • 始めるときは昼間にあげる
  • 毎日決まった時間帯にあげる
  • あげたあとは赤ちゃんのご機嫌を確認する

5~6ヶ月のゴックン期は、ミルク以外の味や食感に慣れさせることが目的ですので栄養など気にしなくて大丈夫。
 

赤ちゃんの表情や今しかない離乳食作りを楽しんでいきましょう!
 

 

離乳食初期2週目!野菜と豆腐の作り方を画像付きでレポするよ! 混合から完母へ!母乳が出ない私がやった完母までの道のりと伝えたいこと