育児書なら人気の【育児大全科】がおすすめ!0歳~3歳まで丸わかりのベストセラー育児本

クソメガネブロガー@まゆ(@kusomegane_mayu
 

本記事では私の聖書と化している育児書育児大全科についてご紹介いたします。
 

こんな人にオススメ

  • はじめての子育てでわからないことばかり
  • どのくらいの時期から歩き出したりするの?
  • よその子はどのくらい成長しているのか気になる
 
子育てにおいて、疑問や悩みってつきませんよね。
 

「はじめての育児」なら尚更。悩んで調べて悩んで調べて悩んで・・・と、毎日なにかしら悩んでいたりしませんか?
メガネ
私も長女のときは「母乳あげすぎかな?体重は増えすぎ?今の服のサイズってどれー?」とわからないことだらけで、毎日スマホで検索していました。検索魔ってやつです。
 
そんな私を見かねた母がどこからか見つけてきた育児書。
 
 
今では私の聖書です。(崇拝
 

「育児のわからない」が、全てこの1冊に載っているので検索することがなくなったほど。脱・検索魔!
メガネ
毎日のようにこの育児書を読んでいました。はじめて育児はわからないことが多過ぎですが、全部この1冊に答えが載っていてもう育児書と会話してました(怖
そんな私の聖書である育児大全科の中身を写真つきでご紹介。
 

はじめて育児に奮闘しているパパママの強い味方になってくれることを祈っております。
 



育児大全科とは?

 

大判ワイドだからビジュアルでわかる! 新生児期からの赤ちゃんの発育 発達 生活のポイントなどが見通せる!沐浴 授乳 おむつ替え,着せ方など はじめてママが迷うお世話の基本も写真でわかりやすく説明。
 
いちばん戸惑う離乳食についても 基本の進め方 かたさ・大きさの目安から 時期ごとのオススメメニュー実例までしっかりフォロー。
 
また 「赤ちゃんの五感が育つ遊び方」「絵本選び」「ベビーサイン」など0才のころからの脳を育てる育児についてもしっかり説明。 赤ちゃんの病気や予防接種 病気のときのホームケアなど いざというときの情報も充実。
 
一家に一冊あると安心! 育児の心強い味方になります。引用:Amazon

 

2018年の最新版はこちら

 
注意
今回ご紹介しているのは2015年の古い方です。最新版と内容が異なる場合がありますので、ご注意ください。
 

育児大全科は新生児~幼児まで丸わかり

月齢別成長記録

生後1ヶ月~3歳まで月例ごとに発育記録を写真つきで見ることができます。
 

この本でわかること

  • 1日の生活リズム
  • 平均的な発達状況
  • ミルクの量や回数
  • オムツ交換の回数
  • 服のサイズ
  • 身長・体重
メガネ
月例ごとに違う赤ちゃんが登場してくれるので、我が子の成長とも比較しやすいです
 
この時期に起こりやすいこと(悩み)も書いてあるし、次の月例のこともチェックできるので「そろそろつかまり立ちが出来る頃かな~」と、ママの心にも余裕が出てきます。
 

平均的な成長記録を知ることで、我が子の成長の変化にもいち早く気付くことができるようになると思います。

 

発育カレンダー

このように”赤ちゃんの発育カレンダー”という早見シートがあるので、定期検診のときの目安にもなります。
メガネ
長女は2文語(パパ・バイバイなど)がなかなか出ず、発育が遅いのか心配になり定期検診のとき先生に相談することができました。何もわからず「発育が遅い」と言われていたらショックだったと思うので、事前に“言われるかもしれない”と構えることが出来たのは精神的な余裕にも繋がりました
 

育児大全科でわかること

ベビーマッサージのやり方

ベビーマッサージのやり方

私は、この育児書を読むまで“ベビーマッサージ”を知りませんでした。(恥
 
お風呂上がりにマッサージしてあげたり、旦那さんにも教えてあげてパパとのスキンシップの時間も大切にすることができたのは良い思い出です。
 

ママの育児ストレスについて

ママの育児ストレス

「可愛い我が子なのに、イライラしてしまうのは私だけ?」と思ったことはありませんか?
 

“私はどこかおかしいのか”なんて考えたこともありましたが、同じようにみんな通ってきた道なのだと知ったときは安心しました。
 

「気分転換方法」も参考になるので、イライラしがちな時期には試す価値ありですよ♪
 

赤ちゃんの定期検診って?

赤ちゃんの定期検診

  • 何ヶ月で検診にいくのか
  • 検診では何を調べるのか
  • 持って行くものは何か
 
など、細かいところまで書いてあるので「はじめての小児科」もおどおどせずに済みますw
 

予防接種のスケジュール表

予防接種のスケジュール

“予防接種は生後2ヶ月から打つ”ということを全く知らず、バタバタ慌てて小児科へ行ったことがありました。
 
  • 何ヶ月ごろに何の注射を打つのか
  • 有料なのか無料なのか
  • ワクチンの種類
 
予防接種に関して、すべて載っているので次女のときはカンペキでした。
 

(余裕ぶっこいて小児科つれてって母子手帳忘れたことは内緒です。)
 

赤ちゃんがケガした時の対処法

ケガした時の対処法

毎日の育児は常に危険と隣り合わせですよね。
 

「今日も無事だった」と思いながら寝かしつけていますが、家の中でも赤ちゃんにとっては危ないものだらけ。
 

もしものために、起こってしまったときのために、どういう処置を行えば良いのかまで詳しく書いてあります。
 

緊急時に焦ってスマホで検索するより、手元に正しい処置が載っている育児書を1冊でも置いておくことは本当におすすめです。
 

誤った処置を行ってしまう前に、正しい知識を事前に知っておくことも我が子の命を守る上で大切なことではないでしょうか。
 

症状別にみる病気とホームケア

症状別ホームケア

子供に病気はつきものですが、苦しんでいる我が子を見ているのはつらいものです。
 
  • 子供がかかる主な病気
  • 自宅でしてあげられるケア
  • 病気の症状やよく使われる薬
 
小児科医の指示に従うことはもちろんですが、注意点も書いてあるので適切な処置をしてあげられます。
メガネ
長女は2歳すぎのとき突然、高熱が続いたのですが、育児書を読む限り「突発性発疹」に当てはまったので救急病院には行かず、適切な処置をしてあげることができました
 

育児大全科は出産祝いにも最適な1冊

初めての子育てってわからないことがわからないし、どうしても他人と比べてしまいます。
 

この育児書には生後1ヶ月~3歳まで、いろんな子供の成長記録が載っていて「この時期はそろそろ歯が生えだす」とか「平均体重ってどのくらいかな」とか平均的な成長記録が写真つきで掲載されているのでスマホで検索するより正確です。
 

なにより産後のホルモンバランスが不安定な時期に、子供の成長で焦ったりしなくて済むので、出産祝いにも最適な1冊だと思います。
 

実際に私がこの本と出会ったのは、店頭ではなく実母からもらったものでした。
 

  • 産後は本屋さんに行く時間もない
  • 本屋さんでゆっくり立ち読み出来ない
  • 育児書が多すぎて悩む時間がもったいない
 
私の経験上ですが、こういう方は多いのではないでしょうか。
 

お家に1冊もっていても損はないと思います。
 

育児大全科シリーズの離乳食大全科もある

はじめてママなら誰もが悩む離乳食。開始時期は?はじめの一口はまず何を食べさせれば?大きさ・固さはどのぐらい?などの基本の疑問から アレルギーが気になる お熱の時 下痢の時など病気のときの対応まで完全網羅。
 
また ママの負担を軽くしてなるべく手軽に調理するためのフリージング方法 大人ごはんからのとりわけメニューなどもご紹介。
 
時期ごとに食べていいもの悪いものオールガイドでは200種類以上の素材について写真付きで解説。豊富なレシピで毎日のメニュー立てにも困らない! 一冊手元にあると安心。 引用:Amazon

 
2018年の最新版はこちら

 
現在、次女が離乳食まっ最中なのでこの離乳食大全科には毎日お世話になっております。
 

月例ごと早見シートつき

月齢別早見シート

離乳食は人類みな通る道なので、絶対必要になる1冊。
 

成長とともに柔らかさや大きさなど一目でわかるので本当に助かります。
メガネ
はじめての離乳食だと作ってて不安になってくるので、このシートは目安に必要なのです
 

初期、中期、後期、完了期にわけられている

初期中期後期完了期

ゴックン期やカミカミ期と呼ぶ名称も知らなかったので、勉強になりました。
 

離乳食メニューもわかりやすくて、家にある食材で作れるしインスタ映えとかじゃないのでマネしやすいです!
 
市販のベビーフード

 

西松屋や身近な薬局で買える市販のベビーフードを使った離乳食も掲載されています。
 

離乳食メニュー

 

はじめての離乳食の不安もこれで解決

離乳食ほど悩むものはありません。
 

いちいち疑問が出てくるので、毎日「二宮金次郎」のようにこの育児書をひらいておりました。
 

エネルギー・ビタミンなど食材表もあります。検索してもここまでわかりやすいものは出てこないですよね。
 

エネルギービタミン正食材表

 
  • どの食材をいつからあげていいのか
  • アレルギーが出やすい食材は何か
  • 食材ごとの注意点
 
あなたが思っている疑問はすべてここに書いてあるのでご安心ください。
メガネ
食材ごとにいちいち検索しなくていいのでまぢ卍(便利
 

育児大全科のデメリット

でかい(大きい)

まさに大全科!!って感じです(語彙力
 
育児に関する情報がギュゥゥゥっとつまりにつまっているので、これでも収まっている方かな(笑)
 
「もう少しコンパクトだったら」と思いましたが、小さくなると写真が見づらくなりそうなのでこのサイズがベストなのかもしれません。
 

育児大全科のメリット

カラーでみやすい

全ページフルカラーなので、んまぁー見やすいこと!
 
これが白黒だったら絶対かわないもん←
 
ファッション雑誌のようなペラペラではなく、厚みもあるので読みやすさもプラスです。
 

検索する手間がなくなる

わからないことをすぐ検索できるのはスマホならではですが、正直、ネット上に書いてある情報はウソか本当かわからないことだらけです。
 

そのウソか本当かわからない情報のために、ママの貴重な時間を費やしてほしくないワケです。
 

子供がケガをして「処置方法」を検索したとします。
 

もし、その検索結果がテキトーな情報だった場合、間違った処置を行ってしまっては後の祭り。
 

正しい知識と正しい処置方法が我が子を守れるのですから、できればネット上の情報よりも育児書1冊お家においておくことをオススメしたいです。
 

安い(安い)

この大きさで、全ページフルカラーで、お値段1,500円ほど。
 

3,000円する参考書だってあるのに!安すぎませんか?
 

ポイントおさらい

  • 月例別の成長記録がみられる
  • ベビーマッサージのやり方
  • ママの育児ストレスについて
  • 赤ちゃんの定期検診って?
  • 予防接種のスケジュール表
  • 赤ちゃんがケガした時の対処法
  • 症状別にみる病気とホームケア

 

育児大全科の口コミ


 

まとめ:はじめて育児には定番の育児本

  • フルカラーで1,500円前後は安い
  • はじめて育児の疑問はほぼ解決できる
  • お家に1冊おいておきたい育児大全科
 
パートナーは仕事でほぼいない、ご両親も遠方で頼れない。
 

そんなワンオペパパママの強い味方になってくれること間違いなしです。
 

 

おすすめ育児日記は手作りで【世界に1つだけの日記~ハタチのキミへ~】 寝かしつけにアクアタートル!ただの亀のぬいぐるみなのに睡眠効果抜群でワロタ