予定日超過でグリグリ!陣痛が痛すぎて暴れまくった私の初産体験記

クソメガネブロガー@まゆ(@kusomegane_mayu

 

前記事では、長女を妊娠〜臨月までのレポートを書いています。
 

第1子の妊娠から臨月までの話はこちら
流産・つわり・糖尿病検査に体重増加。私が体験した妊娠から臨月までの話  
本記事は、私が体験した長女出産から産後までのお話です。

 

これからお産を控えている妊婦さんへ
 
暴言・暴動だけはオススメ致しません。笑
 
ゴールの見えない極限の痛みは、人を正常から遠ざけ人格も変えます。いや、人格を変えるというより自分の本当の姿が露わになります。
 

チワワ

暴れまくったお産体験記をご覧下さい。

メガネ

お産は十人十色だからね!ね!




予定日超過で子宮口ぐりぐり!


 
予定日を迎えた5月某日。一向に陣痛の気配はありません。
 
里帰り出産のため実家に帰っていたのですが、食っちゃ寝食っちゃ寝の毎日。
 
旦那が会いに来てくれた日だけ一緒にウォーキングをしてました。
 
ウォーキングというより、お散歩です。
 

健康サンダルだったし(やる気0

 

そして予定日の翌日、午前中に産婦人科へ。
 

先生
初産は大体遅れるからね!ウォーキングしてる?子宮口かたいなー!ちょっと刺激しとくね!
 
そう言われた瞬間、激痛が!!!!
 
ひぇぇぇ!! イデデデデ!!!
 
もう既に涙目です。診察が終わったあともジンジン痛みが残る感じ。
 
先生
子宮口はまだ2㎝しか開いてないから、たくさん歩いてね。今週生まれなかったら入院しましょうね!
 
ぐりぐりが痛くて、先生を少し恨みながら帰宅したのが13:00ごろ
 
んー、なんか違和感あるなー。
 
と、思いながらも撮りためたドラマを見ていました。今思えばこれが陣痛の始まりだったと思います。

 

16:00ごろ
何かおかしいことに気づく。
 

腰?ぐりぐりのせい?なんか痛いぞ
 
長時間イスに座ってると腰が痛くて伸びをしたくなるような、トントンと腰を叩きたくなるような痛みでした。

 

17:00には痛みが加速しており、お印も確認。これが陣痛かと認識しました。
 
実家には誰もおらず、プチパニックだったので出産経験のある友人にLINEで指示を仰ぎました。

  • 破水してないならまず風呂入れ
  • 授乳用のブラとパジャマ着なはれ
  • それから病院に電話しなさい

 
と、的確な指示。あぁ始まるんだ!いよいよだ!と思いながら風呂沸かして入ります。
 
すると、あら不思議。お風呂に入ると痛みが和らぐんです。この頃、既に5分間隔でしたが、少し痛みが弱くなり一旦冷静になれました。

 

18:00ごろ
そうこうしている間に両親が帰宅。
 
母ちゃんにおにぎりだけでも食べて行きなさい!と、おにぎりを渡されるも痛みで食べれず。
 
廊下を行ったり来たりして、痛みの波が来ると息が止まるくらいの痛さになっていました。

 

【当時の旦那とのLINE】


まだスマホ触れるけど、誤字る痛さ。(伝われ

 

19:00
旦那が実家へ到着。
産婦人科へ電話すると「入院準備して来てください」とのこと。

 

19:30
病院到着。
内診で子宮口3センチと言われ絶望。

 

 
こ、こんなに痛いのに!?!!?さんせんち!?!!

 

 

助産師さん
んー、朝くらいに産まれるといいねー

 

え・・?あさ?朝まで続くのこの痛み・・?

 

まさに、自分が何キロ走るのかわからない持久走。ゴールの見えないマラソン大会の始まりです。

終わりの見えない最強の痛み


終わりの見えない陣痛に悶え、苦しみ、泣き叫びました。自分の頬を叩く、頭を殴る、痛さでゲロ吐く。自我を失うとはこのこと。本当に大暴れです。
 
旦那はお茶を飲ませてくれたり、汗を拭いてくれたり、うちわで扇いで懸命に背中をさすってくれました。
 
そんな旦那に私は、八つ当たりのオンパレード。

 

 
もっとちゃんと腰さすってよ!!!

 

いだいー!!!変わってー!!!!もーやだー!!!

 

 
助産師さんにも悪態つきだす始末。

 

 
もうまぢで!!帝王切開にして!!
 
いたいー!!いたいいたいいたいーー!!!
 
内診して!!みて!!!もう子宮口全開やから!!ね!?みて!?!

 

 
そんな私に優しく冷静に対応してくれる助産師さんはもはや神。”助産師”というお仕事は本当に凄い。産むより何倍も凄いです。

 

日付変わって夜中の2:00ごろ
子宮口8センチのときに自然破水。

 

もうすぐ!もうすぐこの痛みがオワル・・・!

 

と、思っていたら助産師さんは言います。

 

助産師さん
ここからがもう少しかかるかな

 

え・・・(白目

 

そして意識朦朧とする私に、助産師さんはさらに呼びかけます。
 

助産師さん
痛いのはお母さんだけじゃないよ!赤ちゃんだって頑張ってるんだよ!やっとお母さんに会える日が来たんだから!

 

その言葉にハッとしました。
今、誰よりも頑張ってるのは赤ちゃんです。
 
私が暴れれば暴れるほど、苦しいのは赤ちゃんなんです。

 

助産師さんは本当に素晴らしい方でした。
 
どこで励まし、どこで喝を入れるのかまでよくわかってる。
 
それはまるで士気を高める千人将の将軍のよう!!
 
私は気合いを入れ直し、痛み逃しの呼吸法をその場で助産師さんに教えていただき、なんとか耐えしのいだのです。

感動の瞬間!旦那に言われた一言

 
4:30ごろ。
子宮口8㎝から約2時間30分後。
 

助産師さん
よし!全開!分娩台あがろう!
 
もう少しだ、もう少しで我が子に会える。体力は底をつき、フラフラしながら分娩台へ。
 
補足
途中、導尿されるのが嫌でトイレに行ったけど結局でず。ただトイレを血まみれにしてしまっただけ。殺人現場のようになったトイレを旦那がせっせと拭いてくれたらしい。旦那いい奴すぎちゅっちゅwww
 
助産師さん
頭すぐそこだよ!触れるよ!
 
助産師さんがもうゴールは目の前だと教えてくれます。立ち会い出産希望だったので、私の隣には旦那も居ます。

 

4:55ごろ
先生到着。私は足がつりながらも最後の力を出しきり、全力でいきみました!

 

 
そして、5:06
分娩時間、約12時間。
 


 
やっと会えた我が子は、元気な産声をあげてくれました。
 
その姿を見た瞬間、痛みはどこかへ吹き飛んだのです。
 
そして誕生の瞬間を見ていた旦那が私に一言。
 
旦那
ありがとう!ありがとうね!産んでくれて本当にありがとう!
 
我が子にでもなく、先生や助産師さんにでもなく私に。まさか「ありがとう」と言ってもらえるなんて。
 
一晩中、側で支えてくれた旦那にお礼を言うのは私の方なのに。
 
彼の泣き顔をみたのはこの日が初めてでした。
 
補足
真夜中に私の叫び声は病院中に響き渡っていたようで、入院中は一躍有名になり死ぬほど恥ずかしかったです。もうこの産婦人科には二度とこれねぇってくらい恥ずかしかったです。できれば叫ばないことをオススメします・・・

調べてなかった後陣痛のこと


私はお産のことばかり考えていたので、全く知らなかったんですが

 

後陣痛もなかなか痛い!!!

 

後陣痛とは?

後陣痛(こうじんつう)とは、分娩後、赤ちゃんが子宮内から出て行くと、子宮は急激に元の大きさ(ニワトリの卵くらい)に戻ろうと収縮を始めます。そのため、産後2-3日は陣痛のような痛みがあります。これが後陣痛です。引用:コトバンク

 
まず縫合。暴れまくったために膣内にも傷があり、麻酔の効いていないところまで縫われました。
 
痛いので足を閉じようとする⇒先生に怒られる⇒逆ギレする(暴言)
 

チワワ

暴言は本当にダメなやつ!!!

メガネ

本当にダメ!!猛省!!菓子折り渡して詫びたンゴ!!
 
そして、大きくなった子宮が小さく元に戻ろうとする子宮収縮の痛み(お腹の上にアイスノン置かれるので冷たい)
 
大量に出る悪露オロという名の出血。
 

主な症状

  • なぜか39度の高熱
  • 円座がないと座れない
  • すぐに始まる3時間おきの授乳
  • 寝不足なのに産後ハイで眠れず
  • 翌日には全身筋肉痛で身体はバキバキ

 
これ経験すると、まじで全世界のお母さんには頭が下がります。心から尊敬します。
 
そして何より、同じように私を産んでくれた母への感謝で胸がいっぱいになりました。
 
しかし私はそんな辛さから入院中に突然、泣いてしまったことがあります。
 
情緒不安定というか、産後のホルモンバランスでしょうか。
 
なぜ泣いてしまったのか、これといって原因はないんです。ただ突然、猛烈に不安に襲われたりするんです。

 

そんな私に、看護師さんは言いました。

看護師さん
大丈夫。そういうお母さんたくさん見てきたよ。でも、みんな1ヶ月検診に来るころにはもう立派なお母さんになってるんよ。赤ちゃんの力って本当にすごいのよ!
 
私のこの不安定な感情は、退院したあとも続きました。実家で食事中に突然泣き出したり、泣いている赤ちゃんをボーっと眺めていたり・・・。
 
しかし1ヶ月検診のころにはケロッとしていたようで、あのときの看護師さんに「顔色も表情も全然違うよ!」と言われました。
 
特に何かしたとか、何かがあったとかそんなことないんです。
 
ただ私は里帰りで実母に頼れることで、徐々にホルモンバランスが整っていったのではないかと思います。
 
ホルモンバランスとは想像以上に恐ろしいと思い知らされる出来事でした。

産後の母子検診

  娘の体重 平均値
生後すぐ 3,026g 2,130~3,670g
生後1週間 3,324g 2,690~4,230g
1ヶ月検診 4,270g 3,390~5,540g

 
生後1週間の検診では増えすぎワロタって感じです。看護師さんから「え、まって?私の計算まちがい?」と言われるほどw
 

注意
生後すぐ一時的に体重が減少します。娘は生後4日目で2,954gでした。生後1週間で3,324gということは、1日平均約90g増えたということ。平均1日30~45g増なので倍は増えてましたw
 
私の経過は、生後1ヶ月でも円座がないと痛くて座れなかったです。乳も張って車の揺れだけで痛い。抜糸は悶絶。悪露もまだ少し出ていました。

退院時に支払ったお金は?


長々と書いて最後になってしまいましたが、退院時に病院へ支払った手出しの金額は・・

 

 
66,340円でした!

 

んー、高い(´・ω・)
地域差があると思いますけどね。
 
暴言はいたからかな。
 
産後のアロママッサージもあって、退院時の粗品があって。こんなもんなんでしょうか?
 
初産でもあり比較しようがないので、高い安いはみなさんの判断にお任せします(はーと
 
以上、私の出産レポートでした。
 

 
流産・つわり・糖尿病検査に体重増加。私が体験した妊娠から臨月までの話 【経産婦】稽留流産を乗り越え妊娠。11時間の微弱陣痛で吸引分娩になった話!
母乳育児を目指すママへ


試してみる

ノンカフェイン・ノンカロリー

全国どこでも送料無料